デジタル庁アイデアボックス閲覧ツール

インターネット投票の実現
情報元(ideabox.go.jp)

前のコメント (322/462件) 次のコメント
#316 >ソフトウエアによる不正の影響は半端なく大きい

いいえ。
ソフトウェアかハードウェアか、人間か機械かとは関係なく、選挙というシステムを構成する個別の機能の中で、ある機能の実装が単一であったり、その機能が中央集権的に構成されると単一の機能の実装や運用によって生じる脆弱性の影響が大きくなるというだけです。例えば #307 の "防止するには多くの人が関わるようにする" というのは、前述の問題に対し機能を分散し人という単位で実装を多様化させるという対応でしかありません。
また、選挙 *結果* に対する影響というのは、不正によって影響する票数と結果的な当落の票差で決定します。不正による一票の影響は接戦投票であるほど大きくなり、逆に大差が付く選挙をひっくり返す程の不正は露呈し易くなります。

強いて機械(やソフトウェア)が脆弱とするのであれば #309 で書いた通り機械やソフトウェアは作られ操作された通りにしか動かず、そこに人間の干渉が働き不正が生じたとしても機械が脆弱であるとそれを不正と判断できないというものですが、人間が同様の脆弱性を持たないというわけではありません。
ほげ
2020-11-18 04:14:00 #318

詳細ページに戻る